東北唯一 海の神「天妃様」行列【8月1日  14時〜】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本で唯一の、日本と中国文化が融合したお祭り

まちおこしゲリラ「あおぞら組」の隊員がご案内する 大間めぐりの旅。

日本と中国文化が融合したお祭り「天妃様(てんぴさま)行列」を中心に、大間町のご紹介をいたします。

リアルタイムでzoomチャットからコメント、ご質問なども受付けます。
大間観光をぜひお楽みください♪

「天妃様行列」について

大間町の大間稲荷神社に祀られている「天妃様」は、毎年7月の「海の日」に大漁祈願祭と合わせて、漁業関係者らが漁の安全と豊漁を祈願して「天妃様行列」を行っています。

天妃様は媽祖(まそ)と呼ばれ、東南アジア各地の海辺地帯に祀られている海上守護の女神です。
1696年に大間稲荷神社に天妃様が遷座し、1996年には遷座300年を祝い、天妃様の総本山である台湾の北港朝天宮から大間稲荷神社へ天妃神が寄贈されました。

その後、毎年「海の日」に大漁祈願祭と一緒に天妃様行列を行うようになりました。

「天妃様行列」で使用される衣装は、全て台湾から寄贈されたものです。
衣装のご紹介もいたしますので、ぜひお楽しみください^^

1本 3憶3,360万円?!海の黒いダイヤ

本州最北端にある大間町は「大間まぐろ」が有名で、人口の半分が漁業を営んでいます。
マグロ漁は8月から1月が漁期で、秋から冬にかけて脂がのったマグロは高値で取引され、「海の黒いダイヤ」と呼ばれています。
昨年の豊洲市場の新年初競りでは、1本が3憶3,360万円の値がつけられました。

大間町グルメあれこれ

マグロ丼、アワビおでん、あぶらパンetc…

知る人ぞ知るおいしいものが、大間町にはたくさんあります♪
大間町役場 若手職員の食レポは必見です。

大間町のゆるキャラ「かもまーる」にも会えるかも?!

出展日時・ブース

8月1日  14時〜14時45分
お祭りメインステージ

出展者

まちおこしゲリラ「あおぞら組」、青森県立大間高等学校「めんちょこ活動部」、大間町役場職員有志

大間町
HP:https://www.town.ooma.lg.jp/

観光情報はこちら↓
大間町観光協会ホームページ
「大間わいどアップ」
https://oma-wide.net/

台湾人気YouTuberによる下北半島紹介動画

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© #オンライン青森夏まつり , 2020 All Rights Reserved.